救命胴衣

b0078598_3424794.jpg


俺がサーフボードに求めるもの
その一番は安心感
どんなに無理をしたとても
これは折れないと思える安心感
それが一番大切に思う


あれはもう10年程前だろうか
俺はバリのハイアットリーフで見事に降った
波のサイズは8ft?
とにかく急激に掘れ上がる巨大な波
助走十分に波の肩をとらえ
滑る斜面が眼下に開け
行けると思ったその瞬間
俺はボードもろともリーフの溝に引きずりこまれた

体と板はものすごい水流で溝の底に押しつけられ全く動けない
しばらくそんな時間を過ごしたのち
俺は重症を負ったMcCoyをリーフの隙間から明るい方へ放ち
O&EのL6を必死にたぐり九死に一生を得た

もしその時、ボードが折れていたら
俺は死んでいたかもしれない

今でも思い出す
あの瞬間
もし浮きが小さくて
あの猛烈な水流をくらっては
死を覚悟せねばならなかっただろう



俺は思う
サーフボードは
救命胴衣でもあると
[PR]
by nangra | 2013-02-22 04:04 | 道具


<< ハンドタイド 201301hikkaduwa >>