メイドインジャパン

b0078598_2165495.jpg


日本の少子高齢化問題、ほぼ現実的な問題になります。
そうなれば当然、必要とされるサービスは変わってきます。

日本は資源を持たない国です。
物づくりで成長してきました。
技術、教育は日本の大きな財産です。

現在、生産拠点の多くは海外に移っています。
教育すれば作れるのであれば、人件費の安い所で作る。
ビジネスとしては当然なことです。

サーフボードにおいても例外ではありません。
タイ、中国などが大きな生産地になってきています。
技術指導は諸外国から入っており、品質が劣悪という事はありません。
そして価格は驚異的に安いです。

さて日本のサーフショップはどうなっていくでしょうか?
高齢化が進み、インターネット依存はさらに進むでしょう。
生き残るには独自性が必要ではないでしょうか?

その一つのアイディアとして
メイドインジャパンを打ち出す方法があると思います。
自分好みのものが日本人によって日本で作られる。
そしてその様子を見る事ができる。
それはプライスレスな話だと思います。

そういった視点で良いと思うBLOGを2つ紹介します。
AGW
MAR

どちらも物づくり色が強く
ファクトリーにウェルカムという雰囲気があります。

メイドインジャパンにこだわりたいですね。
日本人として。
[PR]
by nangra | 2013-02-10 21:36 | 道具


<< 201301hikkaduwa FIN >>